ただただ真っ白い粉、というイメージが強いからでしょうか。強力粉や薄力粉などがあるとは知っていても、どの小麦粉もそれほど差はないと思われている方が多いようです。けれども、味も違えば香りも違う。色だって実は様々。品種、挽き方、組み合わせ次第で、全然別モノになってしまうのです。江別製粉にとって小麦粉とは、そんな未知の可能性に満ちた「これから」のものなのです。今あらゆる分野で大量生産でコストダウンを図る方向に進んでいますが、私たちは小麦粉が持つ面白さ、奥深さを届け、カタチにしたいと考えている製粉会社です。

代表取締役社長

安孫子俊之

企業理念

経営理念

「“食”と“農”を結び、つくる喜び、
食べる喜びを共有する」

使命

全社員とその家族の幸せのために…
江別製粉に関わる企業、地域、
社会の幸せのために…
お客さまの幸せのために…
企業活動を通じて、
世の中から必要とされる企業として
「永続」すること

経営ビジョン

北海道産小麦のパイオニアとして、
他社がやらないことや
新たな価値観を追い求め続ける
会社を目指す
(現状に満足せず、
常識・慣習にとらわれず、
最後まであきらめず)

会社概要

社名江別製粉株式会社
(英名 : Ebetsu Flour Milling Co., Ltd.)
設立1948年(昭和23年)5月27日
代表取締役社長安孫子俊之
資本金9,520万円
売上高36億円(2020年度)
従業員数62名(2021年3月現在)
事業内容小麦粉(約300種類)・ライ麦・ミックス粉・飼料の製造、販売
小麦粉関連商品の販売
製粉能力小麦 228トン/1日あたり
小麦加工量約36,000トン/1年あたり(2019年度)
内、メイン工場 約35,000トン、F-ship 約1,000トン
小麦産地比率北海道産 約65% 外国産 約35%(2019年度)
取得認証ISO22000認証(ISO22000:2018)
有機JAS認証(有機農産物加工食品)
ハラール認証
本社所在地〒067-0003
北海道江別市緑町東3丁目91番地
TEL : 011-383-2311
FAX : 011-383-2315
北の小麦
未来まき研究所
〒067-0003
北海道江別市緑町東4丁目2番地14号
東京オフィス株式会社北海道e-プロジェクト
〒105-0012
東京都港区芝大門2丁目4番地8 メビウスビル4階

会社のあゆみ

1948年
(S.23)
5月27日 
江別製粉株式会社設立 
岩田醸造株式会社敷地内で製粉工場稼働
1951年
(S.26)
火災により工場焼失
現在地へ移転し操業再開 
1964年
(S.39)
製粉工場近代化
第一期工事完成
(ニューマ方式製粉工場新設)
1968年
(S.43)
製粉工場近代化
第二期工事完成
(原料精選調質工場新設)
1976年
(S.51)
家庭用プレミックス粉
(おやつイン)
販売開始 
1979年
(S.54)
本社社屋(鉄骨2階建)および、
立体自動倉庫新設 
1987年
(S.62)
フリーダイヤル・
代金引換宅配便による
家庭向け直接販売事業
開始
1989年
(H.1)
「はるゆたかスパゲティ」販売開始
1990年
(H.2)
北海道産小麦100%商品シリーズ販売開始
1998年
(H.10)
「江別焼き菓子祭(全国焼き菓子コンペ'98in江別)」開催 
2003年
(H.15)
総合加工工場
(包装・小袋ミックス)
新設
2004年
(H.16)
F-ship(小ロットオーダーメイド小麦粉生産システム)新設
2005年
(H.17)
有機JAS認証取得
(有機農産物加工食品)
2007年
(H.19)
「立ち上がる農山漁村~新たな力」選定
第2回「ものづくり日本大賞 ものづくり地域貢献賞 」受賞
2008年
(H.20)
「元気なモノ作り中小企業300社2008」選定
2010年
(H.22)
原料精選調質棟増設
(新システム導入)
2014年
(H.26)
北の小麦未来まき研究所新設
2015年
(H.27)
B-ship新設
2016年
(H.28)
「ハルユタカ30周年を祝う会」
開催
2018年
(H.30)
ISO22000認証取得
(ISO9001から
取得変更)
2021年
(R.3)
江別製粉東京オフィス
開設
(株式会社北海道e-プロジェクト設立)

お気軽にお問い合わせください。011-383-2311受付時間 8:45-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ