道内のイベントの最近のブログ記事

 

4月11日(水)、ベーカリークラブN43° 主催の北海道バゲットコンクールが開催されました!

 

ベーカリークラブN43° とは、北海道の製パン業に関わりをもつ有志により

製パン技術の向上や経営の研究等を目的として設立された団体です。

北海道バゲットコンクールは、そうした活動を進める中で開催されるようになり3回目を迎えました。

 

この日行われたのは、

予選を勝ち進んだ全道各地の若手パン職人6名による、パン作りの頂上決戦。

2種類のパン作りを総合的に採点し、順位が決まります。

 

その2種類とは、規定がきっちりと決まった「バゲット」と、

出場者のオリジナリティが出せる「パンスペシオ」。

 

本コンクールで特徴的なのはこのパンスペシオで、

・北海道の原材料などを使用し、北海道をイメージしたパンを作ること

・使用する小麦粉は北海道産100%の物を使用すること

などが定められています。

総合順位1位~6位とは別に、このパンスペシオ部門1位には北海道知事賞が贈られます。

 

いよいよコンクールの開始です!

審査員や見学者が見守る中、出場者は順次パンづくりをスタート。 

DSC00908-1.JPG   

DSC00899-1.JPG

DSC00911.JPG

パンの焼きあがり順に次々と審査が始まります!

出場者のプレゼンテーションや出場者へのインタビューを経て、審査が終了。

審査は、作り方や見た目、試食の結果を総合的に評価します。

 

例年以上に出場者のレベルは高く、審査は難航。

少し遅れての受賞者発表となりました。

  

栄えある最優秀賞受賞は、札幌・株式会社ドンク 札幌ジョアンの斉藤慎さん!!

DSC00924-3.JPG

審査員からはバゲットの高い評価を得、パンスペシオは外観の美しさも評価されました。

外観の美しさは内相や食感の良さにもつながる、大事な項目です。

 

そして、優秀賞受賞は、札幌・株式会社ドンク ドミニック・ジュラン エスタ店の八賀亮さん!!

DSC00915-1.JPG

八賀さんは、パンスペシオ部門1位に贈られる北海道知事賞も併せての受賞です!!

パンスペシオでは、特に味の良さと内相の美しさが評価されました。

 

その他の受賞は以下の通りです。

JPB賞は・・・

札幌・日糧製パン株式会社の高松英司さん。

1-JPB.JPG 

 

フランスパン友の会賞は・・・

江別・パン屋 Soraの森本隆さん。

1-フランス.JPG 

 

審査員特別賞は・・・

帯広・日本甜菜製糖株式会社の高柳太志さん。

1-審査-001.JPG 

 

ベーカリークラブN43°会長賞は・・・

函館・有限会社パン・エスポワールの畠山知子さん。

1-ベーカ.JPG 

 

各受賞者には賞状とともに賞金や記念品が贈られました。

受賞された皆様、おめでとうございます!!

 

最後の総評で審査員の方は、

以前と比べ小麦の改良が進んだだけではなく、パン職人の腕も上がってきた。

その結果、北海道産小麦で今回のような高いレベルのパンを作ることが可能になった。

と述べていました。

 

外国産小麦と北海道産小麦では性質が異なります。

それは、栽培品種が異なるということがひとつの理由です。

外国の、この小麦で作った小麦粉がパンにいい!

そうなっても、単純に外国の品種を持ってきて育てるわけにはいきません。

外国と日本では気候も違います。土壌も違います。

そのため、外国と同じ品種を育てることは難しいのです。

その中で、生産量が多くなること、パン用に適することなども考慮し、品種が作られています。

その結果、北海道産小麦には北海道産小麦のよさが生まれました。

 

出場者の皆さんは、目指すパンの姿に近づくよう、北海道産小麦の特徴を感じながら

またひとつレベルが上がったパンスペシオを作り上げたのだと思います。

 

北海道産小麦も、まだまだ進化し続けます♪

 

 

弊社の北海道産小麦を使用した製品については、こちらをご覧下さい。

 

先日お知らせでご案内させて頂きましたが

10月10日(月・祝)、【FM北海道 札幌80.4MHz】(愛称:AIR-G)の

生放送番組『アグリカルチャーアイランド農業王国北海道Vol.4 今、北海道に出来ること』

に弊社常務取締役佐久間が出演させて頂きました!!

お聞きになった方はいらっしゃいますでしょうか??

 

私もこれは聞き逃すまい!と、FM北海道のスタジオへ

お邪魔させて頂きましたーーー♪♪

 

IMG_2279.JPG

 

奥に座っている方がパーソナリティの千葉ひろみ氏。

手前右側に座っている方が札幌市内のイタリアンレストラン「トラットリア テルツィーナ」の堀川氏、

左側が弊社佐久間です。

 

新しい時代の農業に向けて、北海道農業の様々な取り組みや人の紹介をする

この番組の中で、現在北海道で生産している小麦の中でも、近年道内の一部地域で

新しく生産されはじめ、パスタ用として注目されている小麦について語りました。

 

この小麦は2009年より留萌市で生産されており、この小麦を使用した小麦粉や

生パスタなどの商品には『RuRuRosso(ルルロッソ)』と名前が付けられています。

  

IMG_2280.JPG 

 

『RuRuRosso(ルルロッソ)』は一般公募した中から決定した【愛称名】で、

アイヌ語で留萌の語源「ルルモッペ」の「ルル」と、

夕日がきれいな留萌らしく、赤という意味のイタリア語「ロッソ」から名付けられました。

 

途中、スタジオに来られなかった留萌市の生産者である林さんと電話を繋ぎ、

小麦の栽培に関するお話を伺いました。

栽培する上で、若干病気に弱いなど難しい点があるものの、

あまり作られていない稀少な小麦を生産していることが林さんの栽培意欲に繋がっているそうです。

また、栽培している場所は日本海側に面していることから景色がとても綺麗なのだそうです。

 

さらに、使い手としてトラットリア テルツィーナの堀川シェフは、実際に使用した際

これまでの北海道産小麦とは全く異なる独特の食感に衝撃を覚えたそうです。

食べに来られたお客様からも、「南イタリアで食べたパスタに似ている」との

評価を貰い、『RuRuRosso(ルルロッソ)』の可能性が大きいことを認識されたそうです。

 

IMG_2291.JPG

 

こちらは、トラットリア テルツィーナで提供されている

『RuRuRosso(ルルロッソ)』の生パスタ。

テルツィーナではこの『RuRuRosso(ルルロッソ)』の生パスタが数種類あり、

ソースによってパスタの幅、太さを変えているそうです。

 

 他にも北海道内で『RuRuRosso(ルルロッソ)』自家製手打ちパスタ)が

食べられるお店が紹介されました。

 

◇札幌市内◇

・ピッツァ・ローネ(札幌市中央区南2条西20丁目2-1)

・リストランテ カプリカプリ(札幌市白石区栄町19丁目3-1) 

◇羽幌町内◇

・ラ・フラスカ(苫前郡羽幌町南6条4丁目1-2)

◇留萌市内◇

・ハワイアンカフェ ルアウ(留萌市高砂町3丁目4-6)

 

お近くに行かれた際は、是非お試しになってはいかがでしょうか!

今後の『RuRuRosso(ルルロッソ)』の展開が楽しみです♪    

 

はじめまして、企画開発課のakamaです。

よろしくお願いします。

 

少し前の話になりますが、

619日に開催された2011麺サミットin下川』参加してきました。

 

 

2008年の北海道洞爺湖サミットと同じ年から始まった「麺サミット」は、

北海道上川管内のご当地麺イベントとして毎年行われ、

今年が第4回目。

 

開催場所にあたる下川は、北海道の北部にある林業で有名な町です。

1970年に兵庫県より手延べ麺の技術を導入したことから、

「日本最北の手延べ麺の里」としても知られ、北海道産小麦を100%使用した

手延べうどんやそうめん、冷麦などの特産品があります。

2001年頃に北海道産小麦「ハルユタカ」の栽培に成功した背景から、

ハルユタカで作った手延べうどんも販売しています。

 

開催されたのはその下川町の「にぎわい広場」。

レトロな列車が飾ってあって、なんだか素敵な場所でした♪

 

  上川管内7つの地域の出店の他にも、各地域の特産品販売コーナー、

  下川町の新作発表コーナーなど、麺に関わるものを中心に、

  地場産品がたくさん集まっていました。

 

 

IMG_0898.JPG

 

  ご覧の盛況ぶりです。綺麗に晴れるのは、例年のことだそうです。

 

 

IMG_0914-1.JPG 

 

   きのこの里「愛別町」ならではの、『きのこの天ぷらつきそば』。

  そばも愛別産です。

 

 

IMG_0893.JPG

 

   美瑛産小麦や美瑛産野菜を使った『美瑛カレーうどん』。

 

 

IMG_0894.JPG

 

  比布町の予約専門の自家製粉・製麺工房「北嶺屋」の二八そば。

  箸袋も工夫されています。

 

 

IMG_0911.JPG

 

   下川町「一の橋地区バイオヴィレッジ創造研究会」による、新作発表コーナーの一品。

  麺じゃない?!いやいや、実は揚げた「うどん」がのった石釜ピザなのです。

 

 

IMG_0913.JPG 

 

  プリンの早食い選手権大会も開催されていました。

  下川町の矢内菓子舗さんのこだわりプリンだそうです。

 

 

  やっぱり面白い、ご当地イベント♪

  それぞれの地域の気候と土壌のもとで、

  どのような経緯で小麦やそばが作られ、

  そしてこれらのメニューに行き着いたのだろう、

  なんてことが知りたくなる1日でした。

 

  来年の麺サミットは南富良野町で開催予定です!

 

 

   2011麺サミットinしもかわの詳細はこちらをご覧下さい。


 

 

5月24日(火)

この日、札幌市内にある キッチンラボ ワッカポップ

で催された料理講座にお邪魔してきました。

 

会場は、札幌市大通西15丁目。

有限会社 百景さんで運営されている「キッチンラボ ワッカポップ」は、

今年の春に完成したばかりのキッチンラボです。

会場に入ると窓近くに設置された明るい キッチンが広がっています♪ 

 

伺ったのは「道産ライ麦入りキッシュ講座」。

市内で「shinoの焼き菓子教室」を主宰されている中道しのぶ先生の

特別出張講座です。

今回の講座では、 当社の『ライ麦全粒粉』 を使用して頂きました。

ザクザクとした歯ごたえのある食感と、味わいある風味に、

中道先生もすっかりライ麦のキッシュにはまっているそうです。

 

講師の中道しのぶ先生。

DSC_0003-1.JPG

とっても優しそうな素敵な方でした。

    

DSC_0016.JPG

 

まずは、キッシュの生地作りからスタート。

前日に仕込んでおいたライ麦粉の生地と小麦粉を混ぜていきます。 

 

「中のバターが溶けないように、すばやく作業します」

しきりに先生が話していたこの作業が、一番難しそうでした。

 

DSC_0047.JPG

 

出来上がった先生の生地。

バターが溶けずに形のまま残っています。

 

DSC_0053-2.JPG 

 

休ませた生地の伸ばし作業。

ここでも手際の良さが重要なようです。

 

DSC_0050-1.JPG 

  

伸ばした生地をタルト型に敷いていきます。

 

DSC_0073-1.JPG 

 

タルトが焼き上がったところで中の具材とソースを

流しこみます。

今回のキッシュは、春野菜のキッシュということで

旬のアスパラを使用。

 

DSC_0094.JPGのサムネール画像 

 

オーブンで20分程度焼きます。

焼いている途中、ふわ~と生地が盛り上がってきました。

 

香ばしい良い香りがあたり一面に広がって、

一気にお腹が空いてしまいました。

早く食べたい・・・とその場にいた皆さんが思ったはず。

 

DSC_0083.JPG

 

キッシュと同時に進めていた、サラダやスープも続々と完成。

 

サラダには、エビやグレープフルーツなどが入り、とっても色鮮やか。

さらに、お豆など食材の見せ方を工夫するだけで

こんなに華やかに仕上がっています。

 

DSC_0031.JPG

 

鶏肉を使用した煮込み料理。

お鍋にかけるだけの、手軽さに感動!!

 

ちなみに、普段の中道先生の菓子教室では

お料理ではなくコンフィチュールを作られているそうです。

   

DSC_0102.JPGのサムネール画像  

ついに  完成しました~!

 

キッシュをはじめ、どれもこれも美味しそう。

 

<今回の講座のメニュー>

☆春野菜のキッシュ

☆雑穀と豆のスープ

☆えびとグレープフルーツのサラダ

☆鶏肉のレモン・ハーブ煮込み

☆パンナコッタ

 

特に鶏肉のレモン・ハーブ煮込みが本当に

美味しくて私のお気に入り!!(肉食系ですみません・・・)

もちろん、ライ麦のキッシュもざくざくとした食感が絶品でした。

中道先生、百景のスタッフの皆様、お世話になりました。

   

  ライ麦全粒粉については、 当社まで お気軽に お問い合せ下さい。

 江別製粉株式会社   フリーダイヤル (0120)41-5757

 

 

shinoの焼き菓子教室(+ドルチェヴィータ)

札幌市西岡4条4丁目2-1GOODNEWSsapporo内

 

  キッチンラボ ワッカポップ

札幌市中央区大通西15丁目1-12マンション大通802

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江別市同様、ハルユタカ小麦の栽培に取り組んでいる地域に

『滝川市』があります。

滝川市で栽培されたハルユタカ小麦は滝川市内にあるレストラン、

ラーメン店、ベーカリー等で使用されています。

 

その滝川市では、毎年恒例の

『たきかわ菜の花まつり』

が現在開催中です。

滝川市は、なんと菜の花の作付け面積が日本一なのだそうです。 

 

当初、5/21(土)~29(日)までの開催予定でしたが

春先からの低温の影響で、菜の花の見頃が6月初旬になる可能性が

あることから会期を6/5(日)まで延長することになりました。

花の見頃は、今週5/28(土)から1週間程度とのことですので

先週行けなかった方もまだまだ楽しむことが出来ます!

 

菜の花まつりでは、

「道の駅たきかわ」を出発し菜の花会場を巡る「菜の花タクシー」の運行や、

サブ会場である11丁目会場では、滝川産の小麦粉を使用した加工品の

お店も出店予定です。

 

ようやく春らしくなった北海道。

畑一面に広がる菜の花畑に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

2011たきかわ菜の花祭りの詳細はこちらをご覧下さい。

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち道内のイベントカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは江別製粉ニュースです。

次のカテゴリは道外のイベントです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。