秋まき小麦は、もうすぐ収穫を迎えます!!

| コメント(0)

先日、世界三大サーカスの一つ『木下サーカス』を見に行ってきたホンダです!(^^)!
札幌公演は89年ぶりとのことで、会場は大勢の方で賑わっていました。



さて、ブログでは5月に畑の様子をお伝えしたっきりでしたね(-_-;)

現在、北海道は夏真っ盛り!暑さはあるものの北海道らしい爽やかな日々が
続いております。
そして畑では、待望の小麦の収穫が段々と近づいてきました。



江別では、「きたほなみ」、「ゆめちから」といった秋まきの小麦が黄金色に
色づいてきています。

6月に穂が出て花が咲いた「きたほなみ」。
まだ色は緑色だったはずなのに、1ヶ月も経たないうちに見事な変貌を遂げました。


6月末の「きたほなみ」

DSC_0048.JPG


7月17日(火)撮影

同じ畑の「きたほなみ」

DSC_0012-001.JPG



DSC_0008.JPGのサムネール画像


まだ少し茎の緑色が見えますが、
日が経つごとに穂の先から根本へ段々と色づいていきます。



こちらは、今年から本格的な栽培が始まった超強力小麦「ゆめちから」の畑。

DSC_0028.JPG



DSC_0029.JPG

同じ小麦でも、品種によってこんなにも色が違って見えます。

また、「ゆめちから」や「ハルユタカ」などは「きたほなみ」と違い、
穂に野毛(のげ)が生えていることも特徴で、風が吹くと<さわさわ~>っと
音を立ててなびく光景を見ることが出来ます。


こちらは、江別を代表する小麦である、初冬まき「ハルユタカ」の畑。

DSC_0015.JPG

秋まき小麦に比べてまだまだ緑色ですが、穂についている野毛(のげ)が
少し黄色くなってきています。


「きたほなみ」、「ゆめちから」は、早ければ今週から収穫が始まる見込みです!!









コメントする

このブログ記事について

このページは、hiranoが2012年7月26日 11:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「江別の地酒「瑞穂のしずく」の新酒発表会が開催されました!」です。

次のブログ記事は「秋まき小麦「きたほなみ」「ゆめちから」の収穫が始まりました!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。