2011年10月アーカイブ

 

先日お知らせでご案内させて頂きましたが

10月10日(月・祝)、【FM北海道 札幌80.4MHz】(愛称:AIR-G)の

生放送番組『アグリカルチャーアイランド農業王国北海道Vol.4 今、北海道に出来ること』

に弊社常務取締役佐久間が出演させて頂きました!!

お聞きになった方はいらっしゃいますでしょうか??

 

私もこれは聞き逃すまい!と、FM北海道のスタジオへ

お邪魔させて頂きましたーーー♪♪

 

IMG_2279.JPG

 

奥に座っている方がパーソナリティの千葉ひろみ氏。

手前右側に座っている方が札幌市内のイタリアンレストラン「トラットリア テルツィーナ」の堀川氏、

左側が弊社佐久間です。

 

新しい時代の農業に向けて、北海道農業の様々な取り組みや人の紹介をする

この番組の中で、現在北海道で生産している小麦の中でも、近年道内の一部地域で

新しく生産されはじめ、パスタ用として注目されている小麦について語りました。

 

この小麦は2009年より留萌市で生産されており、この小麦を使用した小麦粉や

生パスタなどの商品には『RuRuRosso(ルルロッソ)』と名前が付けられています。

  

IMG_2280.JPG 

 

『RuRuRosso(ルルロッソ)』は一般公募した中から決定した【愛称名】で、

アイヌ語で留萌の語源「ルルモッペ」の「ルル」と、

夕日がきれいな留萌らしく、赤という意味のイタリア語「ロッソ」から名付けられました。

 

途中、スタジオに来られなかった留萌市の生産者である林さんと電話を繋ぎ、

小麦の栽培に関するお話を伺いました。

栽培する上で、若干病気に弱いなど難しい点があるものの、

あまり作られていない稀少な小麦を生産していることが林さんの栽培意欲に繋がっているそうです。

また、栽培している場所は日本海側に面していることから景色がとても綺麗なのだそうです。

 

さらに、使い手としてトラットリア テルツィーナの堀川シェフは、実際に使用した際

これまでの北海道産小麦とは全く異なる独特の食感に衝撃を覚えたそうです。

食べに来られたお客様からも、「南イタリアで食べたパスタに似ている」との

評価を貰い、『RuRuRosso(ルルロッソ)』の可能性が大きいことを認識されたそうです。

 

IMG_2291.JPG

 

こちらは、トラットリア テルツィーナで提供されている

『RuRuRosso(ルルロッソ)』の生パスタ。

テルツィーナではこの『RuRuRosso(ルルロッソ)』の生パスタが数種類あり、

ソースによってパスタの幅、太さを変えているそうです。

 

 他にも北海道内で『RuRuRosso(ルルロッソ)』自家製手打ちパスタ)が

食べられるお店が紹介されました。

 

◇札幌市内◇

・ピッツァ・ローネ(札幌市中央区南2条西20丁目2-1)

・リストランテ カプリカプリ(札幌市白石区栄町19丁目3-1) 

◇羽幌町内◇

・ラ・フラスカ(苫前郡羽幌町南6条4丁目1-2)

◇留萌市内◇

・ハワイアンカフェ ルアウ(留萌市高砂町3丁目4-6)

 

お近くに行かれた際は、是非お試しになってはいかがでしょうか!

今後の『RuRuRosso(ルルロッソ)』の展開が楽しみです♪    

 

このアーカイブについて

このページには、2011年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年9月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。