「江別子ども検定」のパン作り体験♪♪

| コメント(0)

8月27日(土)

 

この日、江別市コミュニティセンターで行われた

『江別子ども検定』の講座に参加させて頂きました。

(NPO法人えべつ協働ねっとわーく主催)

 

 

『江別子ども検定』とは??

『江別子ども検定』は、五感を使って江別の様々な分野のことを体験しながら、

自分の住む地域のことを深く理解してもらうことを目的としています。

1年で5回のメニューが用意されており、江別の歴史や自然、産業、文化などを

学ぶ内容が用意されています。

最後の回で、今まで覚えたことを「自分の住むまち江別」としてまとめ、認定証が

授与されます。

『江別子ども検定』には、江別市内の小学校に在学中の子ども達が参加しています。

 

 

第3回目となったこの日の内容は、

『江別産の小麦・野菜を使用したパン作り』です!

 

そして、今回の講師は、

江別市在住でパンコーディネーターの資格を持つ森まゆみ先生、

札幌市内でパン教室等を行っている森本まどか先生のお2人です。 

 

IMG_2118-1.JPG 

 

朝一番で集合した子ども達は、最初に森先生から、

パンについてのお話を伺います。

パンの模型を使ったお話で、みんな聞き入っていました。

   

IMG_2050.JPG

 

実は7月末に開催された前回、

小麦粉の原料である小麦について知って貰うため

収穫間近の小麦畑に子ども達を案内しました。

 

同じように見える小麦でも沢山の種類があって、

種類によって見た目や使い方が違うことを知った子ども達。

 

パンのお話しでは、小麦だけではなく小麦粉から出来る

様々なパンの種類についても森先生から教わっていました。

 

 

IMG_2131.JPG

 

お話の後は場所を移して、いよいよパン作りスタート!!

パン作りのレクチャーを受ける子ども達の様子は真剣そのもの。

小学1年生から6年生まで幅広い学年が参加していましたが

森本先生が分かりやすくレクチャー。

 

今回子ども達が作るパンは、

チョコチップのパンとイタリアのパンであるフォカッチャの2種類。

 

使用している材料にもこだわっています!!

●フォカッチャに使用する野菜は、江別産野菜!

●小麦粉は江別産小麦を使用したパン用粉「麦の里えべつ強力粉」&

 北海道産のお菓子用粉「ドルチェ」を使用!(小麦粉は協賛させて頂きました^^)

 

IMG_2135-1.JPG

 

形を整えて型に入れたチョコチップパンの生地の表面に

溶いた卵を塗っていきます。

 

DSCF4687.jpg

 

出来上がったチョコチップパン。

中のチョコがとろ~りと溶け出して美味しそうです♪♪

 

続いてフォカッチャ作りです。

生地を型に入れた後、手を使ってオリーブオイルを塗ります。

その後、均等に膨らむよう指で穴をあけていきます。

「変な感じ~」と最初は戸惑っていた子ども達も慣れてくると

すいすい作業が進みます。

 

IMG_2140.JPG

 

最後に生地の上にあらかじめ火を通した野菜を並べます。

ここからの作業は、子ども達の自由な発想で完成させていきます。

 

子ども達に人気だった顔の形フォカッチャ★☆★

力作の表情をご覧下さい ↓ ↓ 

IMG_2146-1.JPG

IMG_2147.JPG

IMG_2150.JPG

 

こちらは、焼き上がったパン。可愛らしいネコに仕上がりました!

 

IMG_2152.JPG  

 

2時間で試食まで完了させた、素晴らしいタイムスケジュールで

無事に終了しました。

 

参加した子ども達は、自分の作ったパンを思い思いに頬張っていました。

フォカッチャ1つでお腹いっぱいになる子もいた程、

お腹も内容もボリューム満点の講座だったように感じました。

また、自分達の住む江別の小麦の美味しさやパン作りの楽しさを

知る機会になったのではないでしょうか。 

 

 

コメントする

このブログ記事について

このページは、hiranoが2011年9月 2日 14:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハルユタカの収穫が終わりました!!」です。

次のブログ記事は「えべつものづくりフェスタ2011が開催されました!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。