北海道産ライ麦入りキッシュ講座が札幌市内で開催

| コメント(0)

 

5月24日(火)

この日、札幌市内にある キッチンラボ ワッカポップ

で催された料理講座にお邪魔してきました。

 

会場は、札幌市大通西15丁目。

有限会社 百景さんで運営されている「キッチンラボ ワッカポップ」は、

今年の春に完成したばかりのキッチンラボです。

会場に入ると窓近くに設置された明るい キッチンが広がっています♪ 

 

伺ったのは「道産ライ麦入りキッシュ講座」。

市内で「shinoの焼き菓子教室」を主宰されている中道しのぶ先生の

特別出張講座です。

今回の講座では、 当社の『ライ麦全粒粉』 を使用して頂きました。

ザクザクとした歯ごたえのある食感と、味わいある風味に、

中道先生もすっかりライ麦のキッシュにはまっているそうです。

 

講師の中道しのぶ先生。

DSC_0003-1.JPG

とっても優しそうな素敵な方でした。

    

DSC_0016.JPG

 

まずは、キッシュの生地作りからスタート。

前日に仕込んでおいたライ麦粉の生地と小麦粉を混ぜていきます。 

 

「中のバターが溶けないように、すばやく作業します」

しきりに先生が話していたこの作業が、一番難しそうでした。

 

DSC_0047.JPG

 

出来上がった先生の生地。

バターが溶けずに形のまま残っています。

 

DSC_0053-2.JPG 

 

休ませた生地の伸ばし作業。

ここでも手際の良さが重要なようです。

 

DSC_0050-1.JPG 

  

伸ばした生地をタルト型に敷いていきます。

 

DSC_0073-1.JPG 

 

タルトが焼き上がったところで中の具材とソースを

流しこみます。

今回のキッシュは、春野菜のキッシュということで

旬のアスパラを使用。

 

DSC_0094.JPGのサムネール画像 

 

オーブンで20分程度焼きます。

焼いている途中、ふわ~と生地が盛り上がってきました。

 

香ばしい良い香りがあたり一面に広がって、

一気にお腹が空いてしまいました。

早く食べたい・・・とその場にいた皆さんが思ったはず。

 

DSC_0083.JPG

 

キッシュと同時に進めていた、サラダやスープも続々と完成。

 

サラダには、エビやグレープフルーツなどが入り、とっても色鮮やか。

さらに、お豆など食材の見せ方を工夫するだけで

こんなに華やかに仕上がっています。

 

DSC_0031.JPG

 

鶏肉を使用した煮込み料理。

お鍋にかけるだけの、手軽さに感動!!

 

ちなみに、普段の中道先生の菓子教室では

お料理ではなくコンフィチュールを作られているそうです。

   

DSC_0102.JPGのサムネール画像  

ついに  完成しました~!

 

キッシュをはじめ、どれもこれも美味しそう。

 

<今回の講座のメニュー>

☆春野菜のキッシュ

☆雑穀と豆のスープ

☆えびとグレープフルーツのサラダ

☆鶏肉のレモン・ハーブ煮込み

☆パンナコッタ

 

特に鶏肉のレモン・ハーブ煮込みが本当に

美味しくて私のお気に入り!!(肉食系ですみません・・・)

もちろん、ライ麦のキッシュもざくざくとした食感が絶品でした。

中道先生、百景のスタッフの皆様、お世話になりました。

   

  ライ麦全粒粉については、 当社まで お気軽に お問い合せ下さい。

 江別製粉株式会社   フリーダイヤル (0120)41-5757

 

 

shinoの焼き菓子教室(+ドルチェヴィータ)

札幌市西岡4条4丁目2-1GOODNEWSsapporo内

 

  キッチンラボ ワッカポップ

札幌市中央区大通西15丁目1-12マンション大通802

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントする

このブログ記事について

このページは、hiranoが2011年6月 6日 16:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2011たきかわ菜の花まつりが開催中!」です。

次のブログ記事は「秋こ(秋まき小麦)の穂が出ました!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。