2010年7月アーカイブ


十勝は日本一の小麦生産地。
北海道の小麦畑が黄金に色づく7月、
国内随一のパン技術をもつブーランジェを十勝にお招きし、
最高水準のパン作り技術を学ぶ「ベーカリーキャンプ」が
昨年に続き今年も開催されます。

昨年のベーカリーキャンプの様子はこちらをご覧下さい。


申込み締め切りはすでに終了しております。
詳細、お問い合わせに関しましては帯広市食産業振興協議会へ
お願い致します。


主催:帯広市食産業振興協議会
『ベーカリーキャンプ 2010』係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1
帯広市商工観光部産業連携室内
TEL 0155-65-4163/FAX 0155-23-0172


皆さんこんちには。

しばらく畑の様子をご紹介していませんでしたが、
気づけば7月中旬にさしかかり、小麦の色も段々と黄色く色づいてきました。


秋まき小麦の花は6月22日頃から咲き始め、
その約1週間後から初冬まき「ハルユタカ」、春まき小麦「春よ恋」の花も
順次開花しました。
DSC_0161.JPG
写真はホロシリコムギの花の様子


現在の小麦の様子をご紹介していきます。

DSC_0046.JPGのサムネール画像

秋まき小麦ホクシン

ホクシンやホロシリコムギ等の秋まき小麦は、春まき小麦に比べ、
色ですぐに判別出来る程黄色に色づいてきています。

穂の中の粒を確認すると、まだ中身は柔らかい状態ですが
これが徐々に水分が抜け、一定量の水分量まで乾燥すれば
収穫が出来ます。


DSC_0028.JPG

秋まき小麦の新品種 きたほなみの圃場

ほんのり色が変わり始めてきています。


DSC_0037.JPG

初冬まきハルユタカの圃場

ハルユタカも野毛の先から段々と色付き始めました。

秋まき小麦が収穫されるのは例年7月下旬からの予定です。
収穫までの期間、適温や好天が続いて欲しいと思っています。






















このアーカイブについて

このページには、2010年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年6月です。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。