2009年7月アーカイブ

DSC_0106.JPG
[7月7日(火)]
本日は、本別町にある前田農産さんの小麦畑を見学です。

DSC_0074.JPG
晴天に恵まれたこの日、朝8:45帯広駅前にて集合。

参加者は、バスにて本別町へ移動します。

DSC_0077.JPG
前田農産、前田さんより小麦についての説明。


DSC_0083.JPG
続いて、『ガチン粉対決!』ということで、
「春よ恋」と「はるきらり」のバケットを試食しました。


説明してくれたのは、帯広市内のベーカリー「はるこまベーカリー」の
栗原さん。

DSC_0089.JPG
皆さん2つのバケットをじっくりと試食していました。
品種の違いで全く食べた印象が違いました。

DSC_0104.JPG
皆さん、試食してみての評価をシールで貼っていきます。

DSC_0091.JPG
新品種「はるきらり」


DSC_0092.JPG
「春よ恋」


DSC_0096.JPG
こちらは、ライ麦と小麦を掛け合わせた「ライ小麦」。
背丈が1m程度もあります。


DSC_0111.JPG
場所を移動してこちらは、前田農産さんの乾燥施設。
大きな施設は、さすが十勝!

DSC_0125.JPG
昼食は、この施設内で「はるこまベーカリー」さんが作った
サンドイッチを頂きます!

DSC_0124.JPG
まるごとのトマトやスコーンなども!


DSC_0138.JPG
十勝には、沢山のチーズ工房があります。

続いて向かったのは、チーズ工房NEEDS(ニーズ)。

DSC_0150.JPG
クリームチーズや熟成期間をとったチーズ「槲」を試食!

DSC_0154.JPG
ずらりのショーケースに並べられているNEEDSの製品

ここで私達とシェフは、離れて翌日の仕込み作業へ。

DSC_0159-1.JPG
栄徳シェフのアシスタント富田さん。
当然のことながら手際が良いです。

DSC_0161.JPG
弊社スタッフも仕込みを手伝います!!


DSC_0164.JPG
この型が翌日何に使われるのか楽しみです。


DSC_0173.JPG
仕込み終了後に向かったのは、北海道ホテル。
夜は、こちらで前夜祭「小麦品種を楽しむ会」が開かれました。

十勝産の多品種の小麦を使用したパンお菓子、料理をはじめ
十勝の新しいご当地グルメ「枝豆サラダ麺」が登場しました。


DSC_0177.JPG

DSC_0181.JPG


DSC_0183.JPG

DSC_0188.JPG

DSC_0194.JPG
一度にこれだけの品種の試食が出来、
改めて北海道産小麦はすごい!と感じました。

いよいよ翌日から講習会がスタートです!!

かなり遅れての公開となってしまいすみません!!
7月6日~10日までの日程で「十勝ベーカリーキャンプ2009」が
帯広市、帯広市食産業振興協議会の主催により
開催されました。

このベーカリーキャンプは、東京から2人のベーカリーシェフをお招きし
十勝の素材・生産地を巡り、さらには十勝産の小麦を使用したパン講習会を実施、
地元の農産物加工品の再発見と地元ベーカリーの勉強の場として
開催されたものです。


1週間もの長い日程でしたが、少しずつ紹介していきたいと思います。
DSC_0003.JPG
[7月6日(月)]
帯広空港にて、東京のベーカリーシェフと合流

シニフィアンシニフィエシェフ 志賀勝栄氏
ブランジェリーラ・テール、アルティザン・テラシェフ 栄徳剛氏

一向は早速昼食会場である、十勝ビストロマリアージュに移動しました。


DSC_0007.JPG
店内には、使用されている食材についてのボードが。
十勝管内の食材を使用しています。


DSC_0008.JPG
次々に運ばれてくるランチメニュー。
素材の味が生きています。

DSC_0012.JPG
ランチメニューを撮るのを忘れてしまいまいましたが
ほうれん草を生地に練りこんだパスタ
十勝産の生ハムも添えられています。


DSC_0014.JPG


DSC_0013.JPG


DSC_0036.JPG
続いて、池田町にあるワイン城を見学。
外にはブドウの木が栽培されています。


DSC_0052.JPG
特別に醸造樽も見せて頂きました。
もちろんワインの試飲も・・・。

DSC_0064.JPG
十勝といえば、ばんえい競馬!
普通の競馬とはまた違った面白さに皆さん興味津々。

DSC_0066.JPG

DSC_0072.JPG
夕食会場は、昼間と同じビストロマリアージュ。
お酒も入って両シェフも楽しそう♪

こうして初日が終了。
次回も盛り沢山の一日をご紹介します。

先週1週間の出張から戻って驚いたのが、
小麦が一気に色づいていたことです。

特に秋まき小麦は、遠くから見ても一目瞭然!
先日まで緑色だった畑は、全く印象を変えています。

[7月16日現在] 
DSC_0016.JPG
秋まき小麦「ホクシン」

DSC_0020.JPG


DSC_0029.JPG
初冬まきされた「ハルユタカ」
こちらも段々と緑色から黄金色へと変わっています。


DSC_0032.JPG


来週から、秋まき小麦の収穫が始まりそうです。
江別市で秋まき小麦というと、「ホクシン」や「ホロシリ」に
あたります。


小麦の収穫作業が始まると農家の方や農協の方にとっては
非常に多忙な時期でもあります。
そして収穫までの間、お天気は誰もが心配するところです。

なんとか天気が続きますように!!!

DSC_0275.JPG

7月3日(土)、「小麦サミット2009inいわみざわ」が開催されました。


DSC_0178.JPG

場所は、岩見沢市イベントホール赤れんが駅東市民会場。
会場の外では、地域特産品フェアが開催され、岩見沢市や北海道内の
特産品が集まりました。


DSC_0182.JPG

弊社スタッフもお手伝いです。


DSC_0218.JPG

前半は、「道産小麦の今、そして将来展望」をテーマに、
北海道農業研究センター、パン用小麦研究チーム 山内宏昭氏が
講演されました。

DSC_0191.JPG

DSC_0251.JPG

そして後半は、パネルディスカッション。
コーディネーターにFM北海道Air-Gアナウンサー千葉ひろみ氏、
パネラーには、生産から消費に関わる方々を迎え、
さらにアドバイザーとして講演講師の山内氏といったメンバーで、

「道産小麦への展望と課題、そしてあるべき姿とは」

をテーマに語って頂きました。


DSC_0259.JPG


DSC_0230.JPG

また、サミットの中で岩見沢産小麦「キタノカオリ」を使用した
パンやラーメン等の試食が行われ、参加された方々は
地元でとれた食材の味を楽しんでいました。


DSC_0223.JPG


DSC_0225.JPG


DSC_0235.JPG
試食の様子

DSC_0272.JPG
そしてサミットの最後に、来年度の小麦サミット開催地が発表されました。

なんと・・・・・来年度のサミット開催地は”江別市”です!!!

江別市の生産者はじめ市役所、加工業者がステージにて
挨拶と意気込みを語りました。
来年度、江別市で開催される大きなイベントのひとつになりそうです。

7月も半ばにさしかかりました。
小麦も段々と収穫に向かって色づいてきています。
今年の麦の生育状況が気になるところです。


さて去る7月2日(金)、江別市のお隣にある岩見沢市にて
パン作り講習会が行われました。

この講習会は翌日行われる「小麦サミット2009inいわみざわ」の一環として
JAいわみざわが主催、弊社スタッフが講師として参加してきました。

DSC_0066.JPG


DSC_0092.JPG
講師は、弊社テクニカルアドバイザーの平間吉男氏。

講習会は、午前と午後に分かれて市内の消費者の方対象に行われました。
各回、約20名の方に参加頂きました。

今回この講習会を行うにあたり注目すべき点は、2点あります!!!

1、岩見沢産小麦「キタノカオリ」100%の小麦粉を使用。

2、岩見沢市特産の玉ねぎを使用。

といった点です。
岩見沢市は北海道内で一番「キタノカオリ」を生産している産地です。
地元でとれたその小麦と玉ねぎを贅沢に使用した内容となりました。


DSC_0099.JPG

DSC_0059.JPG

DSC_0058.JPG
ツヴィーベル・クーヘン
[温かくても冷めても美味しいドイツ風のオニオンブレッド]


DSC_0062.JPG
ソフトブリオッシュ(冷蔵中種法)

DSC_0064.JPG
フライドオニオン入りのスナックパン
[生地に練りこまれているオニオンが香ばしい!]

参加された女性は、
「こんなに簡単にパンが出来たので、是非家でもやってみたい」
とおっしゃっていました。

このアーカイブについて

このページには、2009年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年6月です。

次のアーカイブは2009年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。