2009年2月アーカイブ

春一番が到来したかと思えば、一気に真冬日に逆戻り・・・
まだまだ雪かきする日々が続きそうです。


さて2月20日(金)、江別市民会館にて江別経済ネットワークの
例会が開催されました。
PICT0008.JPG


PICT0014.JPG

今回の例会では、株式会社菊水の杉野常務より新作の江別小麦めんの
紹介がありました。

この小麦めんは、春夏用に開発されたもので
来月3月から全国で発売(菊水HP参照)されます。
小麦粉には、昨年江別市内で収穫された小麦、ハルユタカとホロシリが
使用されています。

商品名はなんと!  

「青じそ風味のキラキラジュレで食べるサラダ麺」
DSC_0009.jpg


ジュレとは・・・・?
どうやって食べるの?
・・・・ということで食べ方の説明です。


1.野菜と茹でた小麦めんをお皿に盛り付け、
先に青じそ風味ドレッシングをかけます。
PICT0016.JPG

2.かつお風味のジュレ(ゼリー)の袋をよく揉みほぐします。
PICT0017.JPG

3.めんにかける。簡単サラダめんの完成です!
PICT0018.JPG

PICT0022.JPG
いただきま~す!
「つるつるしていて、コシがあって美味しい!」
「野菜の他にシーフードを合わせてもいいかも!」
参加者皆さん新商品の小麦めんを美味しそうに
召し上がっていました。

来月の発売がとても楽しみです!

DSC_0391.JPG
また6日には、これまで帯広市食産業振興協議会が進めてきた
十勝産小麦を使用した商品の試食会、十勝産小麦が持つ可能性についての
講演会が開かれました。
会場の北海道ホテルでは、行政、試験研究機関、農業関係者、飲食店、消費者、報道陣
など延べ200名を越える方が参加されました。


DSC_0295.JPG
今回の試食会では、
「地場産小麦新製品プロジェクト成果品&品種食べ比べ」をテーマに、
小麦の新品種「きたほなみ」「はるきらり」「北海261号」を
使用したパンやラーメン、生パスタなどが並びました。

DSC_0310.JPG


DSC_0350.JPG


DSC_0322.JPG


DSC_0343.JPG


DSC_0427.JPG
また午後からは「十勝産小麦の可能性」として、弊社社長の安孫子建雄が講演を、
その後北海道立十勝農業試験場の佐藤氏、
北海道農業研究センターパン用小麦研究チームの西尾氏より
研究成果発表がありました。

DSC_0409.JPG


DSC_0428.JPG
会場はほぼ満席で、皆さんは熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

DSC_0281.JPG
2日目の会場は、帯広駅前にある「とかちプラザ」です。

DSC_0256.JPG

午前と午後に分けて一般の方対象に行われました。
各回とも20名前後集まり、なかには定員に入れず見学で参加された方もいました。

*講習メニュー*
・手仕込みカンパーニュ
・フランス生地のラップパン
・ブリトー、コーントルティーヤ
・電子レンジでホワイトソース

DSC_0455.JPG

DSC_0215.JPG
当日はテレビの取材も入りました。

DSC_0230.JPG
熱心に指導を受ける参加者の皆さん。

DSC_0271.JPG
最初は、やり方に戸惑っていたはずが講師にポイントを教わると、
ほら、こんなに簡単に!!


DSC_0279.JPG
ブリトー。
この生地でチリコンカンなどの具を包み、試食しました。

次々に焼きあがるパンを見て「こんなに簡単に出来るなんて!」と
参加者皆さん驚いていらっしゃいました。

DSC_0005.JPG
2月5~6日、十勝にて製パン講習会が開催され、弊社も協力させて頂きました。

主催は、帯広市食産業振興協議会。
地場産小麦の付加価値向上を図る目的で行われました。

講習会は両日とも弊社テクニカルアドバイザー、平間吉男氏が講師を務めました。


5日(木)の会場は音更町にある
JAめむろ農畜産物加工調理体験施設「緑のめぐみ館」。
当日はパン屋さんを経営、またパン屋さんで技術者として勤務されている
方を対象に行いました。
この施設は、昨年9月にオープンした施設で、
閑散期などに農家のお母さん方が農作物の加工等に利用されているそうです。


DSC_0117.JPG

この日実演した品目は、5品目で全て十勝産の小麦を使用、
また1品目には十勝産大豆を使用しました。

*講習メニュー*
・手仕込みカンパーニュ
・ラップパン
・ふすまパン
・チョコパン
・イングリッシュマフィン

DSC_0071.JPG

参加者は、生地に触れてみたり、実際作業を行ってみたりと
積極的に参加されていました。

DSC_0034.JPG


DSC_0169.JPG
イングリッシュマフィン。


DSC_0175.JPG
小麦の皮を用いたふすまパン。

参加された方からは、
「現場のこともとらえた講習内容で勉強になった」
という声が聞かれました。

北海道開発局が主催します
「わが村は美しく―北海道」運動に
この度江別麦の会が選定され、
1月28日(水)表彰式に参加してきました。


DSC_0009.JPG

「わが村は美しく―北海道」運動は、
北海道の農山漁村地域や地域を支える農林水産業を
豊かにするためにスタートされたものです。

北海道開発局では、北海道内各地での
住民主体の地域活性化活動を支援するとともに、
貴重な地域資源情報として事業の推進に役立て、
農山漁村の発展に寄与することを目的に平成13年から
「わが村は美しく―北海道」運動を推進し、
運動の一環として隔年でコンクールを開催されています。

今回の第4回コンクールで、江別麦の会は
地域特産物部門で見事金賞に選定されました。

DSC_0034.JPG
スピーチを述べる江別麦の会会長の片岡氏。

DSC_0054.JPG

DSC_00099.JPG
頂いた表彰状とクリスタルの盾。

DSC_0014.JPG

このアーカイブについて

このページには、2009年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年1月です。

次のアーカイブは2009年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。