2006年5月アーカイブ

美原・篠津の小麦畑。

| コメント(0)
緑色の葉っぱが生い茂るのを目にすることが多くなってきました。
もう半袖で歩いている人もいる位暖かいんですね。一方、私は寒がりなのでトレーナー離れ出来ていません。


今回まずは、美原の畑にお邪魔しました。

昨年の秋に蒔いた小麦は、雪解けからもの凄い勢いで成長を続けています。しかも道路から少し奥まった場所なので、ロケーションが最高です。

小麦の丈は10センチ以上で、風が吹くと波状に揺れて連鎖していました。





こちらは、場所を移動して篠津にて。

同じ小麦畑でも、美原とはまた違う印象を持ちます。畑の形も様々でどこか懐かしい気がします。

こちらは初冬蒔きが行われた小麦畑。雪解け後の水はけの様子が心配でしたが、しっかりとそこに根づいたようでパワーを感じました。



会社に戻る前に少し寄り道。
江別市で初冬蒔きで有名な片岡さん宅に寄りました。この日、これからキャベツの苗を植えるということで片岡さんの息子さんが作業されていました。小さいポットに入った苗に肥料入りの水を手際良く与えていく姿は、やはりベテランという感じがしました。

緑萌えはじめ

| コメント(0)
営業部のyamaです。今日は、旭川方面に行ってきました。

途中、高速道路から見える小麦畑は、朝方の雨に洗われてか、ビロードのようにしっとりした風合いの緑色。周りの田んぼには水が張られ、代掻きの出番を待っています。水面がきらりと陽光を反射し、こちらは鏡のよう。十勝や美瑛の景色とは趣を異にする、稲作地帯ならではの田園パッチワークです。

さて、今日伺ったのは、東川町にある2軒のお店。


1軒目は、静岡出身のオーナーが、天然酵母と北海道産小麦でパンを焼く「フレップ」さん。

庭先で自ら育てたハーブを使ったり、元は家具職人だったというオーナー作の椅子が飾られたりと、店内は手づくりならではの温もりに包まれています。

お話を伺っている間にも、次から次へとお店に来るお客様。「地元の人に愛されているんだな」と感じました。


もう1軒は、キトウシ森林公園のそばにある「北の住まい設計社」のカフェ。


廃校跡の敷地には、カフェの他、家具や生活雑貨のショールームが周囲の森に溶け込むように点在する素敵なロケーションです。

本日はここでランチ。手打ちパスタ(鶏の煮込みマスタードソース)をいただきました。クリーミーなソースに、やわらかく煮込んだ鶏肉、水菜のシャキッ、粒マスタードのプチッ、パスタのシコシコ・・・と、食感も楽しい一皿。おすすめです。

「パスタは北海道産小麦粉とイタリアのセモリナ粉をブレンドしています。道産小麦を使うのは初めてだったので、最初は苦労しましたが、なるべく地元の素材を取り入れたいので」とは、東京からいらっしゃったシェフの弁。なるほど、セットでいただいたスープにも地元産の野菜や豆がたっぷり入っていました。1階のショップでは、道産小麦と自然酵母パンのテイクアウトもできますよ。

森に囲まれた東川町は、家具や木工細工が盛んなクラフトのまちです。道産小麦のパンをお供に、工房見学や森林浴、人気の旭山動物園など、のんびりと出かけてみてはいかがでしょうか。

会社の小麦を育てよう!その3

| コメント(0)

5月11日、春の風が心地良い日、ハルユタカの芽がほぼ出揃いました。

芽が出始めの頃は、あまりに草と類似していたために気づかなかったのですが、GWの間にめきめき成長し、驚くほどの丈になっていました。

ちゃんと出芽していて、私も一安心。
長い花壇に少々均一に蒔かれていない箇所もありますが、青い空に若葉色が眩しく風に揺れています。

会社の小麦を育てよう!その2

| コメント(0)
春を通り越して初夏のような暖かさを感じるこの頃。会社前の小麦達も種を植えてから勢いよく芽を出し、成長を続けています。

さて今回は種を植えてから現在の小麦の様子を紹介します。


4月27日、ハルユタカの種を蒔きました。
最初に畝(うね)を作っていきます。一般の農家さんでは、機械を使って畑をおこしていき、そこに種が蒔かれるので綺麗なスジ状になっています。



次に肥料を撒いて準備完了!



3列に連なってハルユタカの種を蒔いていきます。固まって蒔き過ぎないように皆真剣な表情です。
江別市で生産された、このハルユタカの種が、またこうして江別の土に還っていくんだなぁと思う瞬間でした。

種を蒔いたら土を被せて更に足で踏み固めていきます。水やりはせず、作業はここで終了。


ちゃんと蒔かれたのか心配ですが、芽が出るこれからがもの凄く待ち遠しくなりました。

このアーカイブについて

このページには、2006年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年4月です。

次のアーカイブは2006年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。