F-shipご紹介

F-shipの特長

F-shipとは、江別製粉が開発した小型製粉プラントです。 弊社のミル工場(製粉加工ライン)の機能はそのままに、工場の大きさや設備規模のみを縮小し、 仕込み最低量1トンを可能にしました。製粉のための原料確保のハードルが低くなったことにより、 地域や生産者、品種、栽培方法などを限定した「オリジナル小麦粉」の生産がより身近になります。

SHIPは、Small-scaled Highly Intensive Plant(小規模高集約型プラント)。 Fは、Flour(小麦粉)・Farm(農場)・Food(食べ物)・Fit(ぴったりの)・Fine(素晴らしい)の頭文字をとって名付けました。

小麦を作る人、粉にする人、パンや麺やお菓子に作り上げる人…小麦をとりまくすべての人たちが、 お互いの思いを共有しながら最良のものを作り上げていくことを願い、 F-shipに、Friendship - Fellowship の意味も込めました。

私たち江別製粉は、これまで少し遠かった、小麦畑と食卓の距離を縮めていきたいと考えています。 小麦畑が身近になれば、そこからできた小麦粉は、きっと少し特別なものに感じられるはず。 そして、その小麦粉を使うたび、皆さまにより多くの喜びを感じていただけるはずだと思っています。

皆さまにとっても、私たちにとっても、他にはないオンリーワンの小麦粉。一緒に作っていきませんか?

原料小麦へのこだわりと、製法へのこだわりが生んだ小型製粉プラント

北海道産小麦のもつ価値に早くから着目し、独自の商品開発を続けてきた私たち江別製粉ですが、 大量生産でコストダウンを図るのが常識の製粉業界にあって、なぜ、わざわざ小さな製粉プラントを開発、導入したのか?

その答えは、小麦生産者・加工業者・消費者・研究者といったさまざまな立場の方と対話を重ねるうちに見えてきた、 「小麦に求めるものは人それぞれに違う」ということでした。

「自分の栽培した小麦を食べてみたい」「町内の小麦で、特産品を作りたい」「単一品種の小麦粉がほしい」 「メーカーお仕着せの粉ではなく、自分好みの自分オリジナルの粉でパンを焼きたい」 …そんな声におこたえしたくて、F-shipは生まれたのです。

従来の製粉設備を、機能はそのままにスケールダウンした新プラントが、あなたの専用粉作りをお手伝いいたします。

お問い合わせ、資料請求はこちらから
F-shipに関するお問い合わせ・資料請求などございましたら、 お気軽にお問い合わせくださいませ。

Page top