江別製粉について

ごあいさつ

消費者の方々に満足していただける、安全良質で廉価な製品を造ることに努力する

私たち江別製粉は日本最大の小麦生産地「北海道」にあります。また、北海道の中でも特に農業に適した気象条件をもつ地域の一つである「江別」の、小麦畑に隣接する場所で仕事をしております。

弊社の創業は、太平洋戦争終結後の昭和23年(1948年)。戦後の食糧難を解決するため、アメリカなどからの食料援助として入ってくる小麦を政府から受託加工する会社として始まり、その後しばらくは輸入小麦の製粉を中心に行っていました。

1970年頃より国産小麦の生産量は増え、北海道でも大量に作られるようになりました。 北海道産の小麦はその当時あまり評判は良くなかったので、当初は外国産小麦に混ぜて使用していました。小麦の大産地にいる私たちは、北海道産小麦は本当に好まれない麦なのかどうか、改めて検証を始めました。

100%北海道産小麦はどんな評価をいただけるのか…不安はありましたが、結果は思いがけず良かったのです。 それは、私たちの主なお取引先様である業務用のお客様とは異なる方々… 食品の安全をまず第一に考え、身近な物を食する安心を大切にしよう、という消費者の方々からの評価だったのです。 このことは、弊社事業の方向を変える大きなきっかけとなりました。ちょうど昭和が平成に移る頃です。

その中でも北海道産小麦「ハルユタカ」の出現は、「国産小麦でパンを」という消費者の声に応える大きなきっかけになり、以後は世間の国産小麦を見る目が変わりました。 小麦生産者や小麦粉を使う職人さん、そして消費者など、小麦をめぐる皆様とのつながりができ始めたのも、この頃です。 小麦の粒を粉にしながら、粒にまつわる話もお客様にお届けすることを日々の仕事にしていったのです。

私たち江別製粉は、人々にとって大切な「食べ物」に関わる仕事に従事できることに誇りを持っています。
「良質で、安全、そして廉価な」商品を作ることに日々努力し、「北海道の豊かな自然」をそえて、
皆様にお届けいたします。

時代は変わっても食べ物の大切さは変わりません。
お客様の満足に応えることを喜びとして、粉を作り続けてまいります。


これからも、皆様の変わらぬご支援ご協力そしてご愛顧を賜りますよう心からお願い申し上げます。

代表取締役社長 安孫子 建雄

Page top